大韓民国の歴史的村落:河回と良洞



大韓民国の歴史的村落:河回と良洞は、韓国にある河回村と良洞村が対象の、2010年に登録された世界遺産です。

河回村

世界遺産・大韓民国の歴史的村落:河回と良洞
河回村(ハフェマウル)は、韓国慶尚北道安東市にある集落で、農村における両班の伝統的な生活様式を保存している民俗村であり、韓国の著名な観光地の一つ。

「マウル」は朝鮮語の固有語で「村」を意味する言葉となっています。「河回」の名が示すとおり、花川が大きく屈回する地点にあり、三面が川に囲まれており、村の南には南山、村の北には芙蓉台と呼ばれる絶壁があり、とくに川の対岸の芙蓉台の上からの村の眺望はよく知られています。

良洞村

世界遺産・大韓民国の歴史的村落:河回と良洞2

©pixgood

良洞村(ヤンドンマウル)も同じく、韓国慶尚北道慶州市江東面にある伝統民俗村。李朝時代に両班であった月城孫氏と驪江李氏の同族村であり、この2氏がある時は互いに競争し、またある時は互いに協力しながら約600年にも亘って発展した村となっています。

幾度の戦火に見舞われた朝鮮半島において、当時の様子を現在に伝える数少ない貴重な集落であり、現在も約150戸ほどの家屋が現存し、今もなお生活しています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す