武夷山|中国・福建省 複合遺産|世界遺産オンラインガイド

武夷山

武夷山

中国の福建省に位置している武夷山は、美しい風景を誇ることで知られています。この武夷山は、1999年に複合遺産としての価値を認められ、世界遺産に登録されました。

この辺りは、峡谷や渓流、「赤色砂岩」の岸壁などによって構成されている山岳地帯となっており、かつてより名勝地として有名な場所でした。

武夷山にあるスポットでは、「九曲溪」、や「天遊峰」などが有名だと言われています。また、武夷山の周辺には、様々な動植物が生態系を営んでおり、珍しい種類の生物も生息していると言われています。

この地が、複合遺産としての価値を認められたのは、上述したような自然環境の中に、「道教寺院」や遺跡などが残されているためです。こうして現在にまで残されている、数々の人工物の存在によって、武夷山の自然と人との関係の歴史を窺い知ることができます。

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産