ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場



ドイツの中心部にあるヴュルツブルク司教館は、18世紀はじめに、若き建築家バルタザール・ノイマンによって建設され、ドイツバロック建築の最高峰といわれる宮殿です。ノイマンは、ドイツの50マルク札にも描かれています。

この宮殿はヨーロッパでも傑出したバロック様式であることが評価され、庭園と共に「ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場」として世界遺産に登録されました。

 ヴュルツブルク司教館(レジデンツ)

宮殿|ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場

入口を入ってすぐの「階段室」と呼ばれる空間は、柱や梁など天井の支えがない巨大な吹き抜けとなっており、天井には世界最大のフレスコ画(ヴェネチアの偉大な画家・ティエポロ作)を見ることができます。またこの空間は、第二次世界大戦中、町のあらゆる建物が崩壊した中、無事に持ちこたえたという強度を持ち合わせています。

この司教館は他にも、床はモザイク模様、壁は全面緑色に装飾された「緑の間」、建築と絵画・彫刻の境界を超えた、魔術的な表現が目を奪う「皇帝の間」などが見られます。

 ホーフ庭園とホーフ教会

ヴュルツブルク司教館(レジデンツ)部分の敷地の約3倍の大きさを誇る美しい庭園。随所に彫刻が配され訪れた人を魅了しています。庭園といっても他の宮殿のような広大なものではなく、比較的小さなものが複数あり宮殿を囲んでいます。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す