武陵源の景観と歴史地域



武陵源の景観と歴史地域

中国の湖南省には、「天子山自然保護区」や「張家界国家森林公園」、「索溪峪自然風景区」、「楊家界自然風景区」といった自然保護区や自然公園が存在しています。これらの、豊富な自然が残されているエリアは、自然遺産としての価値を有すると認められました。そのため、これらの区域は、武陵源(ぶりょうげん)として、1992年にまとめて世界遺産として登録されました。

武陵源の周辺は、主に山岳地帯となっており、「珪岩」によって構成される柱が立ち並ぶことで知られています。この辺りは、海底にあった地形が、長い年月をかけた地形の変動によって現在の姿になったと考えられており、地球の変化の歴史を知る上で、貴重な場所であると言えるでしょう。

また、武陵源は、上述したように、独特の環境にあるため、動植物が数多く生息しており、その中には保護の必要性がある貴重な種も含まれています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す