武当山古建築



武当山古建築

武当山とは、中華人民共和国湖北省十堰市にある山でまたの名を太和山といいます。周囲400㎞、72峰からなる広大な山で、主峰は標高1612mの天柱峰です。「玄天真武大帝」を奉る道教武当派と中国武術の武当拳発祥の地とされています。

武当山は古来、道教の信者が仙境を極めんとし修業に励んだ土地であり、山脈中には道教の寺院である道観群があります。険しい岩肌や木々のうっそうと茂る風景からは、仙人の住む地にふさわしい、厳かさ、偉大さを感じ取ることが出来ます。道観は元の時代にいったん戦火で焼失しましたが、明の洪武帝の時代に再建されています。

道観と建物は1994年に武当山古建築として世界遺産に登録されました。玉虚宮や金殿などが有名です。

武当山は、日本では映画「グリーンディスティニー」の舞台として広く知られています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す