ウッド・バッファロー国立公園



ウッド・バッファロー国立公園

ウッド・バッファロー国立公園は、面積約4万5000km2の広大な面積を持つ国立公園です。カナダ北部のアルバータ州北東部とノースウェスト準州の南部にまたがり、カナダ最大の国立公園となっています。

ここは、シンリンバイソン(アメリカバイソンの亜種)の生息地としてしられ、その規模は世界最大です。シンリンバイソンの保護を目的にこの地域は、1922年に国立公園に指定されています。世界遺産に登録されたのは、1983年です。

シンリンバイソンの他、オオカミ、オオヤマネコなどが多数生息しています。また、公園内には、ピース川とアサバスカ川、スレーブ川により形成された大規模なの三角州があり、水鳥の憩いの場となっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す