ヴァルトブルク城



ヴァルトブルク城はドイツのテューリンゲン州の都市アイゼナハを見下ろすように、テューリンゲンの森に抱かれて建つ城塞からなる世界遺産。ドイツの文化史や精神史において重要な場所とされ、ドイツ人の心のふるさとと呼ばれています。

ヴァルトブルク城の歴史

ヴァルトブルク城 (5)

ヴァルトブルク城は、1067年にテューリンゲン伯ルートヴィヒ・デア・シュプリンガーの命で城塞として建設されたそうです。その後幾度もの増築を重ね、現在の姿になりました。

ヴァルトブルク城については、歴史上での存在が非常に重要です。

「タンホイザー」の舞台

祝宴の大広間では、恋愛詩人たちによる歌合戦が日々催されました。その様子を、19世紀の音楽家ワグナーが歌曲にしたのが、歌劇「タンホイザー」です。

聖女エリザベート

photo credit: IMG_8825_6_7 via photopin (license)

photo credit: IMG_8825_6_7 via photopin (license)

ルートヴィヒ4世の妃としてハンガリーから輿入れした王女エリザベートは、高貴な身分でありながら質素な生活を旨とし、病院を建設して貧しい人々や病人の救済に当たりました。その行いをドイツの人々は深く尊敬し、彼女はやがて聖人のひとりとなったのです。

マルティン・ルター

1521年のヴォルムス帝国議会で破門されたルターは、ザクセン選帝侯フリードリヒ3世の保護の元、このヴァルトブルク城に隠れ住みました。そこで聖書のドイツ語翻訳を行い、これは後のドイツ語の発展の基礎ともなったのです。ルターが聖書を翻訳していた部屋は、現在も保存されています。

ヴァルトブルク城の建築構造

ヴァルトブルク城 (3)

ヴァルトブルク城は、12世紀の後期ロマネスク様式をメインに建造されています。歌合戦が行われた祝宴の大広間の彩色は鮮やかで、当時の貴族や貴婦人たちの優雅な世界を偲ばせます。

また、エリザベートの間は金色のモザイク画で飾られており、彼女の善行をそこから読み取ることができます。

城の美しさに感銘を受け、同時にルターを尊敬していた文豪ゲーテは、自身がワイマール宰相となってからも、城の修復を指示したそうです。

城のほぼ一部として隣接しているホテルに泊まると、城からと同じような眺めを楽しむことができます。テューリンゲンの森や、ライトアップされた城を思う存分眺めることができますよ。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

  1. 佐藤 今日子 より:

    OHHHHHHHHHHHHHHHH!!!!

  2. tomto2243 より:

    情報ありがたいです。

  3. トマト 完熟 より:

    情報ありがたい
    ヴァルトブルク城さいこー

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す