ワディ・ラム保護区



ワディ・ラム保護区

ヨルダン南部、サウジアラビア国境付近に位置する74,000haの保護地域、ワディ・ラム保護区は、文化と自然の両方の高い価値が評価され、複合遺産として世界遺産に登録されました。

ワディ・ラム保護区は砂漠に見られる多様な景観が特徴的で、狭隘な渓谷、自然に形成された岩石のアーチ、切り立った崖や急な傾斜地、大規模な地すべりによってできた地形や大きな洞窟などなど、変化に富んだ地形を至るところに確認できます。

また、壁画や碑文をはじめとする考古学的遺産群は、1万2000年にわたる人類の生活と自然環境の相互作用がどのようなものであったかを示しています。岩壁には、約2万5000の彫刻と約2万の碑文が組み合わされて描かれており、人間の思考の発展と文字の発生初期を知ることのできる貴重な考古学資料を提供しています。

映画『アラビアのロレンス』・『トランスフォーマー/リベンジ』・『プロメテウス 』などの撮影場所としても知られます。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す