フレデフォート・ドーム



フレデフォート・ドーム

フレデフォート・ドームは、南アフリカ共和国フリーステイト州にある直径190キロメートルに及ぶ世界最大の隕石衝突跡である。ヨハネスブルグの南西120kmの位置にあり、現存する世界最古の隕石跡でもあります。

形成時のクレーター全体の大きさは、約300キロメートルで東京から名古屋までの距離に相当します。今から約20億2300万年前の古原生代に直径10から12kmの小惑星が速度約20km/sで衝突し、フレデフォート・ドームが生成されたと考えられていますが、その威力は広島原発の58億倍の威力でした。現在の大きさは中央のドームが直径約50kmとそれを取り囲む外輪山リングからなっています。

この衝突は、カナダに残るサドベリー・クレーター、メキシコに残る恐竜絶滅のきっかけとなったチクシュルーブ・クレーターとあわせて地球史の3大隕石衝突の1つとなっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す