photo credit: pov_steve Horta Museum via photopin (license)

建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)



ベルギーには、トゥルネーのノートルダム大聖堂ワロン地方の主要な鉱山遺跡など数多くの世界遺産がありますが、ブリュッセルにはアール・ヌーヴォー建築家たちの中心的な存在であった建築家ヴィクトル・オルタによる邸宅の4軒が登録されています。

ヴィクトル・オルタとその邸宅群

ヴィクトル・オルタは、アール・ヌーボー建築の先駆けとなった人物です。アール・ヌーボー建築は、ベルギーからその後、パリウィーンに伝播していきました。

当時のブリュッセルの住宅は、入り口は常に正面横にあり、側面の廊下が長く伸びていましたが、それを部屋の配置を工夫してガラスを効果的に利用することで、邸内に光をうまく取り込んだ新しい建築手法となっています。美術館になっているオルタ邸以外は私邸なので、一般観光客には公開されていませんが、その他タッセル邸、ソルヴェー邸、ヴァン・エドヴェルド邸が選ばれました。

これらはどれも1800年代後半から1900年代初頭にかけて建設されています。

オルタ邸

photo credit: Den Flater IMG_0463c via photopin (license)

photo credit: Den Flater IMG_0463c via photopin (license)

オルタ邸は、登録されている4つの邸宅の中で最も新しいもので、オルタの自宅兼仕事場として、1898年から1901年にかけて建てられました。オルタ邸は、建物だけでなく、壁画やモザイク装飾などの内装、家具などのインテリアに至るまで、すべてオルタが設計しました。邸宅内には、設計図や写真なども展示されています。

▲目次に戻る

タッセル邸

タッセル邸は、オルタが手掛けた邸宅の中で最も古く1894年に建設されました。建築に、アール・ヌーボーを取り入れた世界初の作品で、それまでの住宅の空間概念を打破した作品でもあります。当時としては新素材だった鉄とガラスを大胆に使用し、建物自体が一つの美術作品のように仕上げられています。

▲目次に戻る

ソルヴェイ邸

photo credit: stevecadman Hôtel Solvay via photopin (license)

ベルギーの首都ブリュッセルにあるソルヴェイ邸は、ヴィクトル・オルタの良き理解者であり、支援者でもあったアルマン・ソルヴェーが依頼した邸宅です。潤沢な資金のもと建設された邸宅は、建築家オルタが持てる力量を思う存分発揮したアール・ヌーボー建築の傑作といわれています。

▲目次に戻る

ヴァン・エトヴェルド邸

ヴァン・エトヴェルド邸は、外交官としてコンゴ自由国(現:コンゴ民主共和国)へ赴任していたヴァン・エドヴェルドの私邸として建設されました。ヴァン・エドヴェルド邸は、完成後も幾度か増改築が行われています。オルタの建築スタイルが徐々に変化・発展していく過程を見ることができる貴重な建築物です。

▲目次に戻る

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す