15~17世紀におけるヴェネツィア共和国防衛施設群:スタート・ダ・テーラと西スタート・ダ・マル

「15~17世紀におけるヴェネツィア共和国防衛施設群:スタート・ダ・テーラと西スタート・ダ・マル」は、2017年ポーランド・クラクフで開催された第41回世界遺産委員会において、イタリア・クロアチア・モンテネグロの3か国が共同で推薦し登録された世界文化遺産です。

本遺産は、15~17世紀にヴェネツィア共和国が外海からの侵略に備え建設した城壁、城塞、地下トンネルなどの軍事防衛施設となっています。登録範囲は、約1000km以上。イタリア・ロンバルディア州からアドリア海沿岸までの広範囲に点在しています。

当初推薦された際の構成資産(15件)には、すでに世界遺産として登録されている「ヴェネツィアとその潟(イタリア)」「スタリー・グラード平原(クロアチア)」「シベニクの聖ヤコブ大聖堂(クロアチア)」「コトルの自然と文化歴史地域(モンテネグロ)」の9件の物件も含まれていました。そのため、当初推薦していた15件中6件が構成資産として登録されました。

クロアチアにあるスタート・ダ・テッラは、北西のヨーロッパ諸国からの信仰を防ぐために建設され、また、西スタート・ダ・マールは、イスラム圏からの侵略に備え築かれたものです。

構成資産

城塞都市ベルガモ(イタリア)

城塞都市ペスキエーラ・デル・ガルダ(イタリア)

城塞都市パルマノーヴァ(イタリア)

photo credit: Bak0l0 Palmanova via photopin (license)


△綺麗な星形になっている城塞都市「パルマノーヴァ」

ザダルの防衛システム(クロアチア)

シベニクの聖ニコラ要塞(クロアチア)

城塞都市コトル(モンテネグロ)

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す