ヴェガオヤン-ヴェガ群島



ヴェガオヤン-ヴェガ群島

ノルウェー中部に該当する一帯の西海岸には、無数の島々が存在していますが、その群島の中には、ヴェーガという島および同名の都市が存在しています。現在では、この一帯に存在する島々は、ヴェーガのある島を中心にして捉えられており、ヴェーガ群島と呼ばれています。

ヴェーガでは、紀元前の頃から、既に人間が生活を営んでいたと考えられています。しかし、この地で、とりわけ重要な産業は、9世紀頃にはじめられたと考えられているケワタガモの羽を採取することだと言われています。ケワタガモの羽を採取するという伝統産業は、現在でも行われており、ヴェーガは、この産業を中心として成り立っていると言われています。

ケワタガモ産業と共に展開してきたヴェーガ群島の歴史、および同産業に伴う都市景観の発展は文化的価値を認められており、2004年にヴェガオヤン-ヴェガ群島として世界遺産に登録されました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す