チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群



チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群

チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群は、ラオス・チャンパーサック県・チャンパーサック郡にあるカオ山の麓にあるヒンドゥー寺院の廃墟であるワット・プーとその周辺を取り巻く遺跡群の総称です。2001年に世界遺産に登録されました。

少なくとも、6世紀頃にはチャンパーサック県の地域に文明があったと見られており、後の10世紀頃から、この地域へのクメール人の進出が本格化し始めました。

タイのピマーイなどに見られる遺跡もクメール人の王朝が隆盛を極め、北部に盛んに進出していたこの時代のものであると言うことが言われています。

この遺産の中心であるワット・プーもこの時代以降に作られたと見られており、主に当時のクメール人の宗教であったヒンドゥー教をコンセプトにして作られています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す