ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々(シチリア島南東部)



ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々

ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々はイタリアのシチリア島東南部にある8つの町、

  • カルタジローネ
  • ミリテッロ・イン・ヴァル・ディ・カターニアカターニア
  • カターニア
  • モディカ
  • ノート
  • パラッツォーロ・アクレイデ
  • ラグーザ
  • シクリ

の街並みを登録した世界文化遺産です。

これらの町は、中世前半に形成され城や教会を中心に発展してきました。1693年にエトナ山周辺地域をおそった大地震による街の全壊から、都市計画による驚異的再建を実現し、見事な後期バロック様式の建築・芸術を街に花咲かせています。

ノートの町にはモンテヴェルジネ聖堂、サン・ドメニコ聖堂などが残り、街中の住宅のバルコニーには空想の動物や女性像などの彫刻が施されています。ラグーザは9つの主な教会と7つの主な貴族邸宅を含む建物が見所となっています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す