ウルネスの木造教会

ウルネスの木造教会

ノルウェーの属するスカンジナビア半島には、ルストラフィヨルドと呼ばれるフィヨルドが存在しています。そのフィヨルドに向かい合った崖の上には、木造の教会が残されており、この教会は、「スターヴ(垂直にたった支柱)」ヒルケ(教会/聖堂)の女王」と呼ばれていることで知られています。このスターヴヒルケの女王は、1979年にウルネスの木造教会の名称で、世界遺産に登録されました。

北欧には「ヴァイキングの建築様式」が採用された建造物が数多く造られましたが、この木造教会もその一つとなっており、現存する同様式の建造物の中でもとりわけ状態が良い教会と言われています。
ウルネスの木造教会は、12世紀頃に造られたものであると考えられており、後の時代になってさらに手を加えられたと言われています。また、ヴァイキング様式に特有とされる蔓の文様が多く見られます。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す