トゥバタハ岩礁自然公園



トゥバタハ岩礁自然公園

フィリピンの世界遺産であるトゥバタハ岩礁自然公園は、フィリピン諸島の南西にあるパラワン島の東の岩礁と珊瑚礁を保護する目的で設置された公園です。2つの岩礁と大きな珊瑚礁からなります。

珊瑚礁は、東南アジア最大ともいわれ、カツオドリや、海亀など海洋動植物の宝庫でもあります。近年は、ダイナマイトを使用した漁法が行われているため、珊瑚礁への破壊が心配されており、環境保全対策が急がれています。

2013年1月18日、アメリカ海軍の掃海艇ガーディアンが公園海域で座礁。乗組員79人全員が僚艦へ退避する事故が発生しました。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す