ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区



ツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区

マダガスカルの世界遺産であるツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区は、自然保護、景観保護を目的とした保護地域。ツィンギとは、マダガスカル語で「先の尖った」という意味で、剃刀のような尖った岩が多数並ぶ特異な景観が広がっています。

この岩山は、石灰岩のカルスト台地が数万年かけて侵食され、形成したものと考えられています。中国の石林よりも細かく密集し、オーストラリアのピナクルズよりも密集しています。

ツィンギでは降水があっても尖った岩と岩との隙間に吸収されてしまうため、植物は乾燥に強い珍しい種類のものが多数自生しています。近くに生えるバオバブも水を蓄えることができるように進化しており、ツィンギの周囲のサバンナには90種類を越える鳥類を始め、爬虫類や、キツネザルなど独特の動物も数多く生息しています。

関連記事

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す