トリニダとロス・インヘニオス渓谷



キューバにある街の一つトリニダと、その近郊に位置するロス・インヘニオス渓谷は、1988年にトリニダとロス・インヘニオス渓谷として世界遺産に登録されました。

トリニダ

世界遺産・トリニダとロス・インヘニオス渓谷
トリニダは、かつて「砂糖産業」の成功によって巨万の富を得たことで知られています。市街地内には、当時の建造物が点在しており、今でも、トリニダの繁栄を偲ばせる街並みが残されています。

ロス・インヘニオス渓谷

世界遺産・トリニダとロス・インヘニオス渓谷2

©4gress

砂糖産業による、トリニダの経済活動の基盤となったのが、同地と共に世界遺産に認定されているロス・インヘニオス渓谷です。この一帯では、かつて、広大な「サトウキビプランテーション」と多数の工場が存在していました。この地で、当時の農園主たちは、黒人の奴隷達に生産活動を行わせていたと言われています。今でも、ロス・インヘニオス渓谷には当時使用されていた工場が残されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す