富岡製糸場と絹産業遺産群



群馬県にある富岡製糸場と絹産業遺産群は、2014年6月21日に登録された世界遺産。富岡製糸場が有名ですが、他にも田島弥平旧宅・高山社跡・荒船風穴もこの世界遺産に含まれています。

富岡製糸場

富岡製糸場富岡製糸場は、1872年(明治5年)に明治政府が設立した日本初の本格的な器械製糸場です。富岡製糸場は最先端の製糸技術開発を有し、国内の養蚕・製糸業を世界一の水準にまで発展させました。

荒船風穴

荒船風穴|富岡製糸場と絹産業遺産群

荒船風穴は同県下仁田町に残る史跡で、明治38年(1905年)、養蚕農家の庭屋静太郎によって建設された、日本で最大規模の蚕種貯蔵施設です。

田島弥平旧宅

養蚕業者、蚕種製造・販売業者の田島弥平(1822年-1898年)が確立した蚕の養育法「清涼育」を実践した場所が田島弥平旧宅です。

高山社跡

養蚕業者である高山長五郎(1830年‐1886年)は、清温育という新たな養蚕法を確立しました。ヤグラでの換気を取り入れた、田島弥平による清涼育という方法がありましたが、清温育とは、それに加えて、寒冷地で行われた温度管理を伴う温暖育を取り入れたものです。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す