トカイワイン産地の歴史的文化的景観



トカイワイン産地の歴史的文化的景観

トカイはハンガリー北東部の12世紀から続く、ワインの世界的な名産地です。28の有名な村と7000ヘクタールのブドウ畑が含まれ、特に貴腐ワインというデザートワインは有名で、その芳醇な香りと、得もいわれぬ甘味は、ルイ14世ら王侯貴族に愛され、「王のワイン、ワインの王」と褒め称えられました。

中世以来変わらぬ丘陵地帯のぶどう畑の景観、地下に張り巡らされたワインセラー、周辺の農村や町が遺産登録の対象になっています。

この地の代名詞となっている貴腐ワインは、17世紀にトカイ地方がオスマン・トルコの侵略を受け、収穫が遅れたという偶然から生まれたもので、当時から続くワイナリーは16代に及ぶ歴史を受け次ぐ所もあります。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す