ティヴォリのエステ家別荘

ティヴォリのエステ家別荘

イタリアの世界遺産であるティヴォリのエステ家別荘は、ローマの東約30kmにあるティヴォリにあります。ティヴォリは穏やかな気候と豊かな森に囲まれ古代ローマ時代から上流階級の保養地でした。

4.5haという広大な敷地の庭園内には、オルガンの噴水、エフェソスのアルテミス、百噴水など使われているモチーフがギリシャ・ローマ時代の噴水500ほど、築かれています。後期ルネッサンス期の代表的な庭園であり、イタリア一美しい噴水庭園として称えられています。

エステ家は16世紀半ば、ローマ教皇の座を巡る争いに敗れて、1550年9月にティヴォリの隠匿生活を始めました。設計は、ピーロ・リゴーリオで、イッポーリト2世の依頼により始まった別荘建設は、1565年ごろから本格的な建築物の工事が始まりましたが、イッポーリト2世は完成を待つことなく亡くなっています。

この世界遺産をシェアする

 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す