By Wycondi - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

ティムリカ・オヒンガ考古遺跡

2018年バーレーンの首都マナーマで開催された第42回世界遺産委員会において、ケニアの「ティムリカ・オヒンガ考古遺跡」が世界文化遺産として登録されました。

ケニアにとっては7件目の世界遺産になります。

ティムリカ・オヒンガ考古遺跡

ヴィクトリア湖の周辺には集落をサークル状に取り囲むオヒンガと呼ばれる石壁が点在しており、最大規模を誇るのがティムリカのオヒンガ群です。

オヒンガの高さは1.5~4.5m、厚さは1.0m前後で、直径は140mに及ぶものもあります。

関連ツイート

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産