▲ウルのジッグラト photo credit: DSC01383 via photopin (license)

イラク南部のアフワル:生物多様性保護区とメソポタミア都市群の残存景観



「イラク南部のアフワル:生物多様性保護区とメソポタミア都市群の残存景観」は、2016年トルコイスタンブルで開催された第40回世界遺産委員会において、イラクの世界複合遺産として新規登録されました。

イラク南部のアフワル

イラク南部のアフワルは、チグリス川、ユーフラテス川の流域にあり、流域に広がる湿地帯が、世界4大文明の一つメソポタミア文明を生み出したといわれています。

本遺産は、3つの遺跡群と4つの湿地帯から構成されています。

古代都市遺跡

ウルク、ウル、テル・エリドゥの3つの遺跡群が本遺跡の古代都市遺跡に該当します。

その中でウルは、アブラハム(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の啓典の祖、信仰の父)とその兄弟の誕生の地であり、旧約聖書に出てくる「エデンの園」があった場所と考えられています。

湿地帯

東ハマー、西ハマー、フワイザ、セントラルの4つの湿地帯が本遺跡の湿地帯に該当します。

湿地帯は、多彩な渡り鳥や数々の固有種・絶滅危惧種が生息しており、豊かな生態系が形成されています。

しかし、旧イラク政権下の際には、故サダム・フセインの指示のもと、生態系が広範囲にわたり破壊されました。

現在では、徐々に元の姿へと回復しており、長期的な管理計画のもと、再生、保護・保全への道を歩み始めています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す