テワカン=クイカトラン渓谷:メソアメリカの固有生息地

2018年バーレーンの首都マナーマで開催された第42回世界遺産委員会において、メキシコの「テワカン=クイカトラン渓谷:メソアメリカの固有生息地」が世界複合遺産として登録されました。

メキシコにとって35件目の世界遺産登録で、2つ目の複合遺産になります。

テワカン=クイカトラン渓谷:メソアメリカの固有生息地

メキシコの「テワカン=クイカトラン渓谷」は、世界的な生物多様性ホットスポットとして知られています。サボテン科の多彩性は特に顕著です。

この地からは紀元前12000年ほどまでさかのぼる住居跡が出土しています。

関連ツイート

この世界遺産をシェアする

 

キーワード

感想・コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

あわせて行きたい世界遺産