タキシラ



タキシラ

タキシラは、パキスタン・パンジャーブ州にあるガンダーラ時代に始まる都市遺跡です。その歴史は紀元前6世紀まで遡ることが可能であり、六派哲学の一つであるヴェーダーンタ学派、また、インドの仏教の中心の役割を果たしてきました。

  • ビール丘(アケメネス朝ペルシア時代)
  • シルカップ(バクトリア・ギリシア人時代)
  • シルスフ(クシャーナ朝時代)

という異なる時代の3つの都市遺跡と、ガンダーラ仏などの多数の仏教伽藍遺跡からなります。

タキシラは、パキスタンの首都イスラマバードの西、もしくはラーワルピンディーから北西にそれぞれ約35kmの、グランドトランク・ロードから少し外れた場所に位置しており、は歴史的に3つの重要な交易路が交差する場所に位置していました。

伝説上では、タクシャシラという王国がタキシラを中心とする地域を支配したとされており、サンスクリットでは、タクシャシラとは、タクシャ王に所属する土地を意味します。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

感想・コメント
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す