タムガリの考古的景観にある岩絵群



タムガリの考古的景観にある岩絵群

タムガリは、カザフスタンのアルマトイ州にある峡谷です。最大都市アルマトイからは北西に約180 km のところにあります。一帯には紀元前14世紀以降に描かれた5000点にのぼる岩絵(線刻画)群が残されており、周辺に残る住居跡や祭祀場跡と推測されている遺跡群とともに、中央アジアにおける傑出した文化的景観を形成しています。

2004年には、中央アジアに残る岩絵群の中で、初めてユネスコの世界遺産に登録されました。タムガリの岩絵群は、48の遺跡地域に分けられているが、5000点を超える岩絵群の約6割は、そのうち5つの遺跡地域に集中しています。岩絵はいずれも金属器や石器で岩の表面を傷つけて線刻描画したもので、洞窟壁画と異なり、露天の岩面に残されています。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す