タイ国立公園



タイ国立公園

タイ国立公園は、アフリカ・コートジボワール西部に広がる国立公園です。西アフリカでも稀少になっている原生熱帯林を含んでいます。
*アジアのタイにある国立公園ではないので注意が必要です。

コビトカバ、チンパンジー、ボノボなど、絶滅危惧種も少なからず含む多彩な動物相と植物相が評価され、1982年にユネスコの世界遺産に登録されました。西アフリカに生息する動物のほぼ半数が確認できます。

コートジボワールの歴史

コートジボワールは、西アフリカに位置する共和制国家で、東にガーナ、北にブルキナファソ、マリ、西にギニア、リベリアと国境を接し、南は大西洋に面しています。かつて日本では「象牙海岸共和国」と呼ばれていました。

独立後、親仏政策の下でイボワールの奇跡と呼ばれる高度経済成長を達成したが、1990年代の政治不安の後、2002年には第1次コートジボワール内戦が勃発したほか、2010年の大統領選挙の結果をめぐり4ヶ月間も混乱が生じました。

 

この世界遺産をシェアする



 

あわせて行きたい世界遺産

キーワード

この世界遺産のレビューを書く
体験談・レビュー・価値ある情報などは記事内に移動することがございます。皆さまからの情報をお待ちしております。

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらも読まれています。

他の世界遺産を名前から探す