韓国の世界遺産

良洞村|大韓民国の歴史的村落:河回と良洞

良洞(ヤンドン)は、韓国慶尚北道慶州市にあり、河回(ハフェ)と共に、大韓民国の歴史的集落として世界遺産に登録されました(大韓民国の歴史的村落:河回と良洞)。 二つの村は、共に、農村地方の伝統的な生活様式と家屋を保存しています。 良洞村(ヤンドンマウル)と両班(ヤンバン)制度 両班制度は、高麗、李氏朝鮮時代に機能した身分階級のことです。両班を頂点とした階級制度が出来上がり、人々は就く職業も限られてい...

続きを読む

河回村|大韓民国の歴史的村落:河回と良洞

河回(ハフェ)は、韓国慶尚北道安東市にあり、良洞(ヤンドン)と共に、大韓民国の歴史的集落として世界遺産に登録されました(大韓民国の歴史的村落:河回と良洞)。 二つの村は、共に、農村地方の伝統的な生活様式と家屋を保存しています。 両班(ヤンバン)制度 両班制度は、高麗、李氏朝鮮時代に機能した、官僚や支配機構を占めていた身分階級のことです。高麗時代には、単なる官僚制度を指していたようですが、李氏朝鮮時...

続きを読む

済州島の溶岩洞窟群|済州火山島と溶岩洞窟群

韓国済州島にある熔岩洞窟群は、「済州火山島と溶岩洞窟群」という名称で韓国初の世界遺産に登録されています。 この世界遺産は、漢拏山(ハルラサン)天然保護地域、城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)、拒文(コムン)オルム(岳)熔岩洞窟系の3つの地域にわけられます。 拒文(コムン)オルム熔岩洞窟系 拒文オルム熔岩洞窟系は、約10~30万年前に、拒文オルムから流出した溶岩によって形成された洞窟です。オルムと...

続きを読む

済州島の火山|済州火山島と溶岩洞窟群

「済州火山島と熔岩洞窟群」は、韓国済州(チェジュ)島にあり、韓国初の世界遺産に登録されました。 済州島は、約180万年前の火山活動によってつくられた島で、韓国で絶滅危機や保護野生種に指定されている生物の約2分の1が生息しているそうです。漢拏山天然保護地域、城山日出峰、拒文オルム(岳)熔岩洞窟系の3つの地域にわけられます。 漢拏山(ハルラサン)天然保護地域 済州島の中心部には、漢拏山(ハルラサン)と...

続きを読む

仏国寺|石窟庵と仏国寺

韓国南東部慶州吐含山(トハムサン)の山麓にある仏国寺は、統一新羅の宰相であった金大城が751年に造営を開始しました。同時に造営を開始した石窟庵が前世の父母のためであったのに対し、仏国寺は、現世の父母のために建立されたといわれています。 仏国寺の焼失と再建 774年に完成した仏国寺は、創建当初は約80棟の建物と現在の10倍の規模を誇る大伽藍を擁し、王都である慶州の守護を象徴する壮麗なものでした。 し...

続きを読む

石窟庵|石窟庵と仏国寺

石窟庵は、韓国南東部慶州吐含山(トハムサン)の山頂近くにある石窟寺院です。石窟庵は仏国寺とともに世界遺産に登録されています(石窟庵と仏国寺)。 石窟庵とは? 統一新羅中期の751年に、新羅の宰相であった金大城が、前世の父母のために石窟庵の建立を開始し、8世紀後半に完成しました。 石窟庵は、インドや中国の石窟寺院のように自然の岩山を掘ったものではなく、山の斜面を円形に削り花崗岩の石材を積み上げて造っ...

続きを読む