白川郷・五箇山の合掌造り集落

五箇山合掌造り集落|白川郷・五箇山の合掌造り集落

富山県南砺市にある五箇山合掌造りのうち、相倉(あいのくら)集落と菅沼(すがぬま)集落は、岐阜県内の庄川流域のみに存在する合掌造り家屋の集落である白川郷とともに、独特の景観をなす集落が評価され、世界遺産に登録されています。 日本の原風景「五箇山合掌造り集落」 五箇山には、旧上平村にある菅沼集落、旧平村にある相倉集落、という2種類の集落があり、これらは国の重要文化財にも指定されています。数々の合掌造り...

続きを読む

白川郷合掌造り集落|白川郷・五箇山の合掌造り集落

岐阜県内の庄川流域のみに存在する合掌造り家屋の集落である白川郷は、富山県南砺市にある「五箇山合掌造り集落」とともに、独特の景観をなす集落が評価され、世界遺産に登録されています。四季折々の顔を見せてくれる白川郷には、年間140万人が訪れる人気の観光スポットとなっています。 白川郷の合掌造り家屋 民家形式の一つである合掌造り家屋は切妻造りの茅葺き屋根が特徴で、屋根の角度は45~60度という急勾配となっ...

続きを読む

この秋行きたい紅葉と日本の世界遺産5選  

知床 2005年、海と陸に生息している動植物の食物連鎖を垣間見れる貴重な自然環境を評価され、北海道東端のオホーツク海に面した知床半島とその沿岸海域が日本で三番目の世界自然遺産として登録されました。 日本の最北端に位置する世界遺産知床の紅葉はとても早く、夏が終わり冬が訪れる9月下旬から10月上旬までのわずかな期間に紅葉が訪れます。その後雪が降り始めるため紅葉と雪のコントラストを楽しむこともできます。...

続きを読む