沖縄の世界遺産

識名園|琉球王国のグスク及び関連遺産群

識名園は沖縄県那覇市にあり、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界遺産に登録されました。 識名園とは? 識名園は、1799年に完成した琉球王家の別荘で、南苑とも呼ばれます。王族の保養地や、中国からの使者(冊封使)を迎える場として利用されました。第2次世界大戦中に建物が破壊されてしまいましたが、1975年から1995年にかけての修復工事によって復元されました。 識名園の構造 識名園は総...

続きを読む

斎場御嶽|琉球王国のグスク及び関連遺産群

斎場御嶽(せーふぁうたき)は沖縄県南城市にあり、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界遺産に登録されました。「斎場(せーふぁ)」とは「最高位」という意味で、琉球王国時代には最高の聖地とされていました。 御嶽とは、琉球の信仰における中心であり、祭祀や拝礼を行う場所です。 斎場御嶽とは? 斎場御嶽とは、琉球開闢神話の神アマミキヨによって造られたとされています。 琉球王国時代は、神職の中で...

続きを読む

玉陵|琉球王国のグスク及び関連遺産群

玉陵(たまうどぅん)は沖縄県那覇市にあり、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界遺産に登録されました。 玉陵とは? 玉陵には、琉球王国の第二尚氏の王統の国王や王妃、王族が葬られています。第三代国王の尚真王が、父・尚円王を改葬するために造りました。 沖縄特有の墓の形式をしており、三角形の屋根を持った破風墓(はふばか)です。沖縄県で最大のものになります。周囲は高い石垣に囲まれ、すべての庭...

続きを読む

園比屋武御嶽石門|琉球王国のグスク及び関連遺産群

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)は沖縄県那覇市・首里城公園の敷地内にあります。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして、世界遺産に登録されました。 園比屋武御嶽とは? 園比屋武御嶽は、16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽(うたき)です。 御嶽とは、琉球においては信仰上の聖域で、祭祀を行う場所でした。神が存在または訪れる場所と考えられています。 園比屋武御嶽は、国王が各地に視察な...

続きを読む

座喜味城|琉球王国のグスク及び関連遺産群

座喜味城(ざきみぐすく)は沖縄県中頭郡読谷村(なかがみぐんよみたんそん)にあり、標高120mの丘陵に建っています。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界遺産に登録されました。 座喜味城の歴史 座喜味城は、按司護佐丸(ごさまる)によって、1416年から1422年の間に築城されたといわれています。 護佐丸は、中山王の命で北山征伐に参加し功を挙げ、今帰仁城(なきじんぐすく)の監守に任ぜられ...

続きを読む

今帰仁城跡|琉球王国のグスク及び関連遺産群

今帰仁城(なきじんぐすく)は沖縄県北部の国頭郡(くにがみぐん)今帰仁村にあり、別名を「北山城(ほくざんぐすく)」といいます。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして、世界遺産に登録されました。 今帰仁城の成り立ち 14世紀頃の沖縄は、3つの王統(北山・中山・南山)に分かれていました。その中のひとつである北山王の居城であったのが、今帰仁城です。ここからは中国や東南アジアの陶磁器が出土し、当時...

続きを読む

勝連城跡|琉球王国のグスク及び関連遺産群

勝連城跡は、沖縄県うるま市にあります。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして、世界遺産に登録されました。 標高約60~98mの丘陵にあり、面積は約11,897㎡で、東西に細長いグスクです。13世紀前後より城塞として使われていたとみられ、按司阿麻和利(あまわり)の居城でした。 勝連城の歴史 勝連城跡では貝塚が発見されていることから、先史時代後期末より古代人の生活の場であったと考えられていま...

続きを読む

中城城跡|琉球王国のグスク及び関連遺産群

中城城跡(なかぐすくじょうあと)は、沖縄県中頭郡(なかがみぐん)中城村と北中城村にかけて残っている城跡です。「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして、世界遺産に登録されました。 標高150~170mの丘陵にあり、南東には15m以上の切り立った断崖、北西には急勾配の斜面があるため、守りやすく攻めにくい城であったといえます。グスクの中では最も原型をとどめているものだそうです。 中城城の歴史 正...

続きを読む

首里城跡|琉球王国のグスク及び関連遺産群

首里城跡は、沖縄県那覇市にあります。現在は建物等が復元され、首里城公園として公開されていますが、世界遺産に登録されたのは、復元されたものではなくあくまで首里城跡です。 琉球王国、首里城の歴史 首里城は、琉球王朝(1429年~1879年)の王城として建設。琉球王朝は、約450年もの間、現在の沖縄県を中心に栄えた王国で、中国や日本、東南アジアの国々と積極的な交易を行い、独自の文化を築いていきました。 ...

続きを読む