山梨の世界遺産

富士山 芸術の源泉

静岡県と山梨県にまたがる日本最高峰の山・富士山は、富士信仰の対象として人々の尊敬の念を集めるほか、芸術においても大きな存在となっています。 様々な芸術作品に見られる富士山 富士山は、古くからの日本の芸術文化に必ずと言っていいほど題材として取り上げられています。 万葉集の頃から、和歌の歌枕として富士山が登場していました。新古今和歌集の中には、富士山の噴火を詠んだものがあるそうで、すでにこの頃から、火...

続きを読む

富士山 信仰の対象

日本最高峰の山であり、静岡県と山梨県にまたがっている富士山。 古くから富士信仰の対象である霊峰であり、「冨嶽三十六景」の題材にもなるなど、日本人にとって信仰と芸術の源泉でした。 信仰の対象としての富士山 富士山は、麓から山頂にかけて3つの区分にわけられます。 「草山(くさやま)」という俗界、「木山(きやま)」は俗界から神の世界への過渡部分、すなわち森林の限界まで、「焼山(やきやま)」は山頂までの神...

続きを読む