山口の世界遺産

萩城下町|明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

2015年世界遺産に登録された山口県の萩城下町は、幕末において日本が産業化に取り組み、産業文化を形成していった地域社会を表す重要な資産として評価されました。 萩城下町は資産範囲が、萩城跡、旧上級武家地、旧町人地の3つの区域によって構成されています。 萩城跡 まず、萩城跡は、毛利輝元が建設した萩藩の政治・行政の中心でした。産業化や西洋技術の導入などの政策形成を行った場所で、毛利家13代当主 毛利敬親...

続きを読む

松下村塾|明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台でもある山口県萩市。工学教育論を提唱した吉田松陰の松下村塾が「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つとして2015年世界遺産に登録されました。 吉田松陰と松下村塾 松下村塾は、長州藩の兵学者だった吉田松陰が1857(安政4)年から1858(安政5)に主宰した私塾です。吉田松陰は、萩藩士杉百合之助の次男として生まれ、その後伯父の...

続きを読む

大板山たたら製鉄遺跡|明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

大板山たたら製鉄遺跡は、幕末における西洋式軍艦建造に当時の日本技術が利用されたことを示す遺産として、2015年「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つとして、世界遺産に登録されました。 大板山たたら製鉄遺跡とは? 山口県萩市紫福地区 山の口ダム北側に、大板山たたら製鉄遺跡はあります。日本の伝統的な製鉄方法であるたたら製鉄の遺跡です。 大板山に、たたら製鉄所が建設された...

続きを読む

恵美須ヶ鼻造船所跡|明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

山口県萩市にある恵美須ヶ鼻(えびすがばな)造船所跡は、幕府の要請や木戸孝允の意見により長州藩が建設した造船所跡です。「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界遺産に登録されました。 恵美須ヶ鼻造船所跡とは? 江戸時代初期、軍艦などの建造を禁止する大船建造禁止令が制定されました。しかし、1853(嘉永6)年ペリー来航によって、西欧諸国の脅威を身近に感じた幕府は、禁止令を解禁し、...

続きを読む

萩反射炉|明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

山口県萩市にある萩反射炉は、萩の城下町や松下村塾とともに「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつとして世界遺産に登録されました。 緑の木々に囲まれた場所に建つ萩反射炉は、静岡伊豆の国市にある韮山反射炉とともに現存する反射炉のひとつです。反射炉とは、銑鉄(せんてつ)という、鉄鉱石から直接製造した鉄(不純物を多く含む)を溶解して優良な鉄を生産するための炉のこと。 当時の...

続きを読む