和歌山の世界遺産

紀伊山地の参詣道(大峯奥駈道、熊野参詣道、高野山町石道)

紀伊山地の参詣道は、奈良県・和歌山県・三重県にまたがっています。3つの霊場とともに3つの参詣道が「紀伊山地の霊場と参詣道」という名称で世界遺産に登録されました。3つの参詣道とは、 大峯奥駈道(おおみねおくがけみち) 熊野参詣道 高野山町石道(こうやさんちょういしみち) を指します。 大峯奥駈道 大峯奥駈道は、奈良県吉野山から熊野三山を縦走する、修験者の修行の道で、非常に険しいことで知られています。...

続きを読む

紀伊山地の霊場(高野山、熊野三山、吉野・大峯)

紀伊山地の霊場は、三重、奈良、和歌山の3つの県にまたがる紀伊山地にあります。参詣道とともに、「紀伊山地の霊場と参詣道」という名称で世界遺産に登録されました。 霊場は、高野山、熊野三山、吉野・大峯(おおみね)の3つに分かれていて、そこに至る参詣道があります。これらは、日本の神道と大陸から伝来した仏教との融合によって生まれました。1200年以上の歴史を持つ深い森は、神々が鎮まる特別な地域とみなされてお...

続きを読む