三菱長崎造船所 世界遺産

三菱長崎造船所 第三船渠|明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

三菱長崎造船所第三船渠は、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つとして世界遺産に登録されました。 三菱長崎造船所 第三船渠とは? 明治時代、第一船渠(1879年)、第二船渠(1896年)に続いて建造されたのが、1905年に完成した第三船渠でした。完成したドックは、長さ222.2m、幅27m、深さ12.3mでしたが船舶の大型化に対応するため、その後3回の拡張工事が行わ...

続きを読む

三菱長崎造船所 旧木型場|明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

長崎県長崎市にある三菱長崎造船所旧木型場(きゅうきがたば)は、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つとして2015年世界遺産に登録されました。 三菱長崎造船所 旧木型場とは? 三菱長崎造船所旧木型場は、鋳物製造用の溶けた金属を流し込む型を製造するための木型を作る作業場として1898(明治31)年に建設されました。建物は、木骨レンガ造り二階建で、日本では珍しい木造クイ...

続きを読む

三菱長崎造船所  ジャイアント・カンチレバークレーン|明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

三菱長崎造船所内、ひときわ目を引く巨大クレーン。「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界遺産に登録されたジャイアント・カンチレバークレーンは、現役で稼働する貴重なものです。 ジャイアント・カンチレバークレーン ジャイアント・カンチレバークレーンは、日本で初めて建設された電動クレーンで、イギリスのアップルビー社で製造されました。クレーンは大型船舶用装備品の荷重に耐え、電動モー...

続きを読む

三菱長崎造船所 小菅修船場跡|明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産である三菱長崎造船所小菅修船場跡(こすげしゅうせんばあと)は、薩摩藩と日本の近代化に貢献したトーマス・グラバーによって建設された施設です。 三菱長崎造船所小菅修船場の成り立ち 幕末、長崎の外国系商社を通じて洋式船を購入していた諸藩でしたが、購入した船の多くは、故障が絶えなかったといいます。しかし、当時の日本には、それらの船を修理する施...

続きを読む