ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場

ホーフ庭園とホーフ教会|ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場

ヴュルツブルク司教館(レジデンツ)部分の敷地の約3倍の大きさを誇る美しい庭園。随所に彫刻が配され訪れた人を魅了しています。この壮麗な庭園を含めて「ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場」として1981年に世界遺産に登録されました。 ホーフ庭園 庭園といっても他の宮殿のような広大なものではなく、比較的小さなものが複数あり宮殿を囲んでいます。 イチイの木の刈込が名物の南側の庭園 宮殿の南にある庭園には...

続きを読む

ヴュルツブルク司教館(レジデンツ)|ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場

ドイツの「ヴュルツブルク司教館(レジデンツ)」は、ロマンティック街道の北の起点となる教会の多い古都にある宮殿。18世紀に権勢を誇っていたヨハン・フィリップ・フランツ司教が築いた豪華な建築物です。天才建築家バルタザール・ノイマンの設計で、領主司教の優雅な暮らしぶりを伺えます。 ヨーロッパでも傑出したバロック様式の宮殿であることが評価され庭園と共に1981年に世界遺産として登録されました。 司教の華や...

続きを読む