ヴァイマル、デッサウ及びベルナウのバウハウスとその関連遺産群

ハウス・アム・ホルン|ヴァイマル、デッサウ及びベルナウのバウハウスとその関連遺産群

ドイツの世界遺産「ヴァイマル、デッサウ及びベルナウのバウハウスとその関連遺産群」の構成資産のひとつハウス・アム・ホルンは、同国中部の都市ヴァイマルにあります。 ハウス・アム・ホルンは、ヴァイマルに残る唯一のバウハウス建築です。政府から融資を受けるための条件として1923年に企画された「バウハウス展」で発表された実験住宅で、設計は、公募で選ばれた画家ゲオルグ・ムッヘが行いました。バウハウスが総力を結...

続きを読む

バウハウス・デッサウ校|ヴァイマル、デッサウ及びベルナウのバウハウスとその関連遺産群

ドイツにあるバウハウス・デッサウ校は、1996年に世界文化遺産に登録された「ヴァイマル、デッサウ及びベルナウのバウハウスとその関連遺産群」の構成資産のひとつです。 バウハウス・デッサウ校とは バウハウス・デッサウ校は、「ヴァイマル、デッサウ及びベルナウのバウハウスとその関連遺産群」の象徴ともいえる建物で、20世紀の建築に最も影響を与えたデザインのひとつといわれています。 1925年から26年にかけ...

続きを読む