ワルシャワの歴史地区

バルバカン|ワルシャワ歴史地区

ポーランドの首都ワルシャワ。そのワルシャワ歴史地区内の旧市街と新市街の間にあるレンガ造りの砦が、バルバカンです。 バルバカンとは バルバカンは、16世紀中頃、旧市街を囲む市壁を強化するために建設されました。旧市街を囲む市壁に付随しているバルバカンは、バロック様式の砦で、馬蹄形をしています。馬蹄形の砦は大変珍しく、ヨーロッパでもワルシャワのバルバカンを含め、3つしか現存していないそうです。 ポーラン...

続きを読む

洗礼者ヨハネ大聖堂(聖ヤン大聖堂)|ワルシャワの歴史地区

ポーランドの世界遺産「ワルシャワ歴史地区」、旧王宮近くに洗礼者ヨハネ大聖堂(聖ヤン大聖堂)はあります。 洗礼者ヨハネ大聖堂とは 14世紀に建てられた洗礼者ヨハネ大聖堂は、ワルシャワで最も古い教会で、レンガ造りのファザードが印象的な建物です。 洗礼者ヨハネ大聖堂は、歴代の王の戴冠式やヨーロッパ初の成分国民憲法5月3日憲法(1791年5月3日に採択されたため)の発布式が行われた場所でもあり、その他ポー...

続きを読む