レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

トゥルン・ウント・タクシス城(聖エメラム宮殿)|レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

レーゲンスブルク中央駅と公園を挟んだ旧市街地にあるお城です。現在ではドイツの歴史主義の最も重要な建築物の一つとされています。昭和50年ごろに流行った漫画「オルフェウスの窓」の舞台となったお城でもあります。 「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」として、2006年、ユネスコ世界遺産に登録されました。  巨万の富を築いた侯爵のお城 神聖ローマ帝国の郵政事業を独占し、財をなしたトゥルン・ウン...

続きを読む

レーゲンスブルク大聖堂|レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

レーゲンスブルク中央駅から徒歩約15分にある、レーゲンスブルク旧市街の入口でもある大聖堂。バイエルン地方で最も重要なゴシック建築の大聖堂で、現在も中世の面影を色濃く残すスポットです。 日曜日の10時からのミサでは「大聖堂のすずめ達」と称されるレーゲンスブルク少年合唱団の天使の歌声を聞くことができます。 「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」として、2006年、ユネスコ世界遺産に登録され...

続きを読む

石橋(シュタイナーネ橋)|レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

ドナウ川が中洲によって2つに分かれた所にかかる石橋。シュタイナーネ橋と呼ばれる、1135~1146年に建設されたドイツ最古の石橋です。チェコ・プラハにあるモルダウ川に架かるカレル橋をモデルに作られたといわれています。 市街地には文化財保護指定を受けている建造物が1500もあるといわれ、その中の984の建物が「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」として、2006年以来ユネスコ世界遺産に登...

続きを読む

帝国議会博物館(旧市庁舎)|レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ

レーゲンスブルク中央駅から徒歩約20分にある、14世紀に建てられたレンガ造りの帝国議会博物館。帝国ホールや協議室でかつての帝国会議の雰囲気を感じることができます。 「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」として、2006年、ユネスコ世界遺産に登録されています。 旧市庁舎の1階には観光案内所があります。 旧市庁舎のあゆみ 10世紀から14世紀にかけて、全盛期を迎えたレーゲンスブルク。交易に...

続きを読む