リヨン旧市街 世界遺産

クロワ・ルース|リヨン歴史地区

クロワ・ルースはフランス南東部のリヨン市にあり、世界遺産「リヨン歴史地区」の一部となっています。 クロワ・ルースとは? クロワ・ルースは古くから絹織物業が盛んな土地で、特に19世紀には多くの職人が働いていました。建物は天井が高いものが多いのですが、これは織機が中にあるためです。 この街並みでいちばんの特徴といえば、トラブールという抜け道です。これが至る所にあり、街の構造をまるで迷路のようにしていま...

続きを読む

リヨン旧市街|リヨン歴史地区

リヨン旧市街はフランス南東部のリヨン市西部にあり、世界遺産「リヨン歴史地区」の構成資産のひとつです。 リヨン旧市街とは? リヨン旧市街は、リヨン市を流れるソーヌ川沿いの地区で、ローマ時代からルネサンス時代の建物が多く残る石畳の街並みで有名です。 車が通れないほど細い道が多いため、建物の回廊や中庭を通り抜けることができる「トラブール」という抜け道があります。 これはリヨン独特のものですが、18・19...

続きを読む