リトアニアの世界遺産

聖ペテロ&パウロ教会|ヴィリニュス歴史地区

聖ペテロ&パウロ教会は、旧市街からやや離れたネリス川沿いにあり、バロックの町と呼ばれるヴィリニュス歴史地区を代表する建物です。 聖ペテロ&パウロ教会 聖ペテロ&パウロ教会は、ロシアからの解放を記念して建造された教会で、1668年から始まった作業は、外観に7年、内装には、30年もの歳月が費やされました。 イタリアから職人を招いて建設された内装は、壁から天井まで覆い尽くすように2000以上の漆喰彫刻が...

続きを読む

ヴィリニュス大学|ヴィリニュス歴史地区

リトアニアの世界遺産ヴィリニュス歴史地区・旧市街において、最も大きな建造物がヴィリニュス大学です。 ヴィリニュス大学とは ヴィリニュス大学の前身は、16世紀宗教改革に対抗して招聘されたイエズス会が設立した学校で、1579年に大学へと改編されました。中央ヨーロッパでもクラクフ、ケーニヒスベルクにある大学に次ぐ古い歴史と由緒ある大学です。 ヴィリニュス大学構内には、当時グリニッジ天文台と双璧をなすほど...

続きを読む

ヴィリニュス大聖堂|ヴィリニュス歴史地区

リトアニアの世界遺産ヴィリニュス歴史地区・ゲディミナス城の麓に、ヴィリニュス大聖堂(聖スタニスラフ大聖堂)はあります。 ヴィリニュス大聖堂とは ヴィリニュス大聖堂は、13世紀半ばリトアニアを統一した王が、十字軍騎士団の圧力から逃れるため、キリスト教に改宗した際に建てた教会が起源となっています。 王の死後、ヴィリニュスにもともとあった自然崇拝の聖地に戻されますが、すぐにキリスト教化され再度教会が建て...

続きを読む

聖アンナ教会|ヴィリニュス歴史地区

リトアニアの世界遺産ヴィリニュス歴史地区・旧市街にある聖アンナ教会は、リトアニアに唯一残る後期ゴシック様式の教会です。 聖アンナ教会とは 聖アンナ教会の創建は14世紀初頭ですが、16世紀に現在の姿に改築されました。建物正面には、33種類もの異なった形の赤レンガが使われ、透かし細工のようなゴシック独特の装飾、たまねぎの先端のような半曲線のアーチ、狭い出窓、八角形の塔などで飾られています。炎のような躍...

続きを読む

夜明けの門|ヴィリニュス歴史地区

夜明けの門は、リトアニアの世界遺産ヴィリニュス歴史地区・旧市街にある城門です。 16世紀初頭、城壁と同時に造られた5つの門のうちの一つで、創建当初はメディニンカイへと続く道の門であったため、メディニンカイ門と呼ばれていました。現在の「夜明けの門」と呼ばれるようになったのは20世紀に入ってからのことです。 「夜明けの門」の礼拝堂 17世紀には、外敵から街を守り、旅人を守護するためカルメン会の修道士が...

続きを読む

ゲディミナス城|ヴィリニュス歴史地区

リトアニアの首都ヴィリニュスは、バルト三国の首都としては唯一内陸に位置しています。 ヴィリニュスは、名前の由来ともなったヴィリニャ川とネリス側の合流地点にあるゲディミナスの丘を中心として広がった町です。 ゲディミナス城とは 世界遺産ヴィリニュス歴史地区にあるゲディミナス城は、14世紀に建設が始まったとされています。リトアニア大公ゲディミナス公の命によって、ヴィリニュスの丘に木造の要塞が築かれますが...

続きを読む