リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

ジェロニモス修道院|リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

ポルトガルの首都リスボン南西部にあるベレン地区は、大航海時代、ポルトガルが大西洋へ進出する際の出発地点となった場所です。そのベレン地区にあるジェロニモス修道院はベレンの塔とともに世界遺産に登録されました。 リスボンのジェロニモス修道院 ポルトガルが最も輝いていた時代の記念碑的な建物がジェロニモス修道院です。ジェロニモス修道院は、マヌエル1世の命により、天文台や航海学校の創設、航海技術の開発に力を注...

続きを読む

ベレンの塔|リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔

ポルトガル、リスボンのジェロニモス修道院からさらに1kmほど河口に下った水際にたたずむ、優美な建造物がベレンの塔です。 その気品ある姿を司馬遼太郎は「テージョ川の公女」と呼びましたが、 もとはテージョ川を行き交う船を監視 し、河口を守る要塞としてマヌエル1 世が建設を命じたものでした。 「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」として世界遺産に登録されています。 マヌエル様式の要塞「ベレンの塔」...

続きを読む