リオデジャネイロ 世界遺産

チジュカ国立公園|リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群

チジュカ国立公園はブラジルのリオデジャネイロにあり、「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」のひとつとして世界遺産に登録されました。公園内にはコルコバードの丘が含まれています。 チジュカ国立公園とは? チジュカ国立公園は、1961年に国立公園に設定されました。昔は、森林を伐採してコーヒーのプランテーションとなっていましたが、これが水不足の原因となったため、19世紀後半にプランテーション...

続きを読む

グアナバラ湾|リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群

グアナバラ湾はブラジルのリオデジャネイロにある湾で、「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」の構成資産のひとつとして世界遺産に登録されました。 グアナバラ湾とは? グアナバラ湾は1502年にポルトガル人によって発見されました。湾口が幅1.5㎞と狭まっているため川と間違えられ、それがリオデジャネイロ(1月の川)の名前の由来となりました。 大西洋に面したこの湾は、南北31㎞、東西の広い部分...

続きを読む

コルコバードの丘|リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群

コルコバードの丘はブラジルのリオデジャネイロにあり、「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」のとして世界遺産に登録されています。頂上には、有名なコルコバードのキリスト像があります。 コルコバードの丘とは? コルコバードの丘は、リオデジャネイロにある標高710mの丘のことで、頂上には展望台があります。そこからは街や海を一望できるため、眺めの良い観光名所として人気です。奇岩として知られるポ...

続きを読む