ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

ノルブリンカ|ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

ノルブリンカとは中国チベット自治区の首府ラサにある離宮とその庭園のこと。1994年登録の世界遺産「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」に追加登録(2001年)されました。ノルブリンカとは、チベット語で「宝の庭」という意味。ポタラ宮から西へ3kmの場所にあり、その面積は約36万㎡にも及びます。 ノルブリンカとは? 1755年、ダライ・ラマ7世により作られ、夏の離宮として利用されました。以後、歴代のダライ・...

続きを読む

トゥルナン寺(大昭寺、トゥルナン・ツクラカン)|ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

トゥルナン寺は、中国チベット自治区の首府ラサにある、チベット仏教の寺院。中国名を「大昭寺」といいます。「ジョカン(本堂に相当する部分の名称)」、または、本堂を示すツクラカンを合わせて、「トゥルナン・ツクラカン」とも呼ばれています。1994年登録の世界遺産「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」に追加登録(2000年)されました。 トゥルナン寺の建立 チベットを統一した吐蕃の第33代国王ソンツェン・ガンポ王...

続きを読む

ポタラ宮|ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群

ポタラ宮は、中国チベット自治区の首府ラサのマルポリ(紅山)の上にあり、1959年に中国政府に接収されるまで、長らくチベットの政治と宗教の中心でした。「ラサのポタラ宮の歴史的遺跡群」として世界遺産に登録されています。 ポタラ宮の建造 7世紀半ばにチベットを統一した吐蕃第33代王ソンツェン・ガンポによって築かれた宮殿遺跡を、ダライ・ラマ5世が拡充し、1642年に建造。標高3700mに位置し、13階建て...

続きを読む