モンサンミッシェルとその湾

サント・オべールの礼拝堂|モンサンミッシェルとその湾

サント・オベールの礼拝堂は、フランスのモンサンミッシェルに建つ礼拝堂です。世界遺産「モンサンミッシェルとその湾」の構成資産となっています。 サント・オベールの礼拝堂とは? サント・オベールの礼拝堂は、モンサンミッシェルの北西端に15世紀に建てられた礼拝堂です。708年にモンサンミッシェルに聖堂を創建した司教オベールを祀っており、屋根に聖オベールの像が設置されています。オベールはその功績によって、聖...

続きを読む

モンサンミッシェルの修道院|モンサンミッシェルとその湾

モンサンミッシェルの修道院は、フランスのモンサンミッシェルの中でも一番上に建っており、世界遺産「モンサンミッシェルとその湾」を構成している建築のひとつです。修道院まではモンサンミシェル大通り(グランド・リュ)を歩いていきます。 モンサンミッシェル修道院の歴史 708年、アヴランシュ司教オベールが、夢の中で大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」というお告げを受け、礼拝堂を造ったのがモンサンミッ...

続きを読む

ガブリエルの塔|モンサンミッシェルとその湾

ガブリエルの塔は、フランスのモンサンミッシェルの島内に建っており、世界遺産「モンサンミッシェルとその湾」を構成しています。モンサンミシェルを正面にして、左手にあります。 ガブリエルの塔とは? ガブリエルの塔は、島の西の端、ファニルス倉庫の奥に位置し、城壁の一部となり海に突き出しているような形です。 1524年に国王代理官ガブリエル・デュプイによって設計・建設されました。モンサンミッシェルが要塞であ...

続きを読む

モンサンミシェル大通り(グランド・リュ)|モンサンミッシェルとその湾

モンサンミシェル大通り(グランド・リュ)は、フランスのモンサンミッシェルにあり、修道院への大通りです。世界遺産「モンサンミッシェルとその湾」を構成しています。 モンサンミシェル大通り(グランド・リュ)とは? グランド・リュは、モンサンミッシェルの王の門から修道院までの参道の役割を果たしています。幅2m弱、100mほどの長さです。「大通り」という意味なのですが、人が2人並んで通れるかどうかという幅で...

続きを読む