ボロブドゥール寺院遺跡群

ボロブドゥール遺跡|ボロブドゥール寺院遺跡群

ボロブドゥール遺跡はインドネシアのジャワ島中部のケドゥ盆地にあり、「ボロブドゥール寺院遺跡群」として世界遺産に登録されました。 ボロブドゥール遺跡の歴史 ボロブドゥール遺跡は世界最大級の仏教遺跡で、不明な点が多く謎に包まれた遺跡と言われています。 8~9世紀にこの地を支配したシャイレーンドラ朝のダルマトゥンガ王の統治下で、780年頃から建設が始まったといわれています。792年に一応の完成をみたとい...

続きを読む

パオン寺院とムンドゥッ寺院|ボロブドゥール寺院遺跡群

インドネシアの世界遺産「ボロブドゥール寺院遺跡群」に含まれている、ボロブドゥール寺院・パオン寺院・ムンドゥッ寺院はほぼ東西に一直線上に並んでいて、この一帯はシャイレンドラ王朝(8世紀~9世紀)の特別な聖域であったと考えられています。 パオン寺院 パオン寺院は、ボロブドゥール寺院から東に約1.5km離れたところにあります。シャイレンドラ王朝(8世紀~9世紀)の時代に建立され、王廟と推定されています。...

続きを読む