ペルシャ式庭園

パサルガダエ庭園|ペルシャ式庭園

2011年にイランの世界文化遺産として登録された「ペルシャ式庭園」の9つの構成資産のひとつが、パサルガダエ庭園です。 パサルガダエ庭園とは イラン・ファールス州にあるパサルガダエ庭園は、2004年に世界文化遺産に登録された「パサルガダエ」の庭園です。紀元前6世紀ハカーマニシュ朝時代に造営された庭園は、「ペルシャ式庭園」の中で最古の庭園といわれています。 パサルガダエ庭園は、ゾロアスター教の4つの元...

続きを読む

シャーザデー庭園|ペルシャ式庭園

2011年イランの世界文化遺産として「ペルシャ式庭園」が登録されました。9つある構成資産のひとつがシャーザデー庭園です。 シャーザデー庭園とは シャーザデー庭園は、イラン東部ケルマーンス州マーハーンにあります。イランの独自性と美しさが融合した庭園で、イランで最も美しい庭園と称されています。 ガージャール朝末期に造営されたシャーザデー庭園は、東西2つに分かれており、総面積5.5ヘクタールもある広大な...

続きを読む

ドーラト・アーバード庭園|ペルシャ式庭園

2011年にイランの世界文化遺産として登録された「ペルシャ式庭園」には、9つの構成資産があります。ドーラト・アーバード庭園は、その9つの構成資産のひとつです。 ドーラト・アーバード庭園とは イランのほぼ中央に位置するヤスドに、ドーラト・アーバード庭園はあります。ヤスドに、最初に訪れた西洋人旅行者がマルコ・ポーロといわれています。典型的な砂漠都市であるヤスドは、熱風と強烈な日差しが肌を刺し、夏には気...

続きを読む

チェヘル・ソトゥーン庭園|ペルシャ式庭園

チェヘル・ソトゥーン庭園は、2011年イランの世界文化遺産として登録された「ペルシャ式庭園」の構成資産のひとつです。 チェヘル・ソトゥーン庭園とは チェヘル・ソトゥーン庭園は、「イランの真珠」と謳われる古都エスファハーンにあります。エスファハーンには、同じくイランの世界文化遺産である「エスファハーンのイマーム広場」があります。 チェヘル・ソトゥーン庭園は、サファヴィー朝時代を代表する宮廷庭園で、ア...

続きを読む

フィーン庭園|ペルシャ式庭園

フィーン庭園は、2011年にイランの世界文化遺産として登録された「ペルシャ式庭園」の9つある構成資産のひとつです。 フィーン庭園とは イランの首都テヘランの南西にある小さな町カーシャーンにフィーン庭園はあります。フィーン庭園は、サファヴィー朝の皇帝アッバース1世の命によって建設され、アッバース2世の時代、その後のガージャール朝時代には、拡張工事が行われ、現在のような姿となりました。 フィーン庭園は...

続きを読む

エラム庭園|ペルシャ式庭園

2011年にイランの世界文化遺産として登録された「ペルシャ式庭園」には、9つの構成資産があります。エラム庭園は、その9つの構成資産のひとつです。 ペルシャ式庭園の起源 ペルシャ式庭園は、イランは乾燥地帯であり、厳しい自然環境の中、その土地に適合し発展させてきたペルシャ人の多様性や技術力の高さを示しています。 庭園は、紀元前6世紀のアケメネス朝ペルシアの初代皇帝キュロス2世の時代の建築、造園様式が起...

続きを読む