ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)

ペルガモン博物館|ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)

ペルガモン博物館は、1999年ドイツの世界文化遺産として登録された「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)」の構成資産のひとつです。 ペルガモン博物館とは ペルガモン博物館は、1930年に開館した博物館で、ムゼウムスインゼル(博物館島)の5館の中で最も新しい博物館です。 古代ギリシアやローマ、ヘレニズムなどの古代美術から近世までの中東美術などが所蔵されているペルガモン博物館は、ドイツ随一の考古学...

続きを読む

旧博物館|ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)

旧博物館は、1999年ドイツの世界文化遺産として登録された「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)」の構成資産のひとつです。 旧博物館(ベルリン)とは 旧博物館は、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の命により、バーベルスベルク宮殿(同じくドイツの世界遺産「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」の構成資産のひとつ)などを手掛けた王宮建築家カール・フリードリヒ・シンケルが設計し、1830年に完成しました。...

続きを読む

新博物館|ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)

新博物館は、1999年ドイツの世界文化遺産として登録された「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)」の構成資産のひとつです。 新博物館(ベルリン)とは 新博物館は、1859年にフリードリヒ・アウグスト・シュテュラー(カール・フリードリヒ・シンケルの弟子)が設計し、建設されたものです。 第2次世界大戦の戦火で外壁だけが残り、廃墟となっていましたが、21世紀に入り第2次世界大戦前の姿に修復、復元され...

続きを読む

旧国立美術館(旧ナショナルギャラリー)|ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)

旧国立美術館(旧ナショナルギャラリー)は、ドイツの世界遺産「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)」の構成資産のひとつです。 旧国立美術館(旧ナショナルギャラリー)とは ギリシャの世界遺産「アテネのアクロポリス」をイメージして建築された旧国立美術館は、銀行家であったヨハン・ハインリヒ・ワグネルが、自ら所蔵する19世紀の美術品を寄贈したことに始まります。美術館は、1867年に建築を開始し、フリード...

続きを読む

ボーデ博物館|ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)

ボーデ博物館は、1999年ドイツの世界文化遺産として登録された「ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)」の構成資産のひとつです。 ボーデ博物館とは ボーデ博物館は、ムゼウムスインゼル(博物館島)の最北にある円蓋を載せた建物です。 1897年に建設が始まったボーデ博物館は、建築家エルンスト・フォン・イーネが設計し1904年に完成しました。博物館は、当初ドイツ皇帝フリードリヒ3世にちなんで、フリード...

続きを読む