ベルギーの世界遺産|世界遺産オンラインガイド

ベルギーの世界遺産

ギエット邸|ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―

ギエット邸は、2016年トルコ・イスタンブールで開催された第40回世界遺産委員会において新規登録された「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の17件ある構成資産の一つです。 ギエット邸とは ギエット邸は、ベルギー・アルトウェルペン(アントワープ)にあります。画家ルネ・ギエットの依頼で、1926年から1927年にかけて建設された住宅兼アトリエです。ギエット邸は、狭い敷地に建てら...

続きを読む

コルトレイクのベギン会修道院|フランドル地方のベギン会修道院

コルトレイクのベギン会修道院は、ベルギー南部の都市コルトレイクにあります。1998年に世界遺産に登録された「フランドル地方のベギン会修道院」の構成資産のひとつです。 コルトレイクのベギン会修道院とは コルトレイクのベギン会修道院は、13世紀前半に設立されました。ベギン会の修道院には、都市型、中庭型、都市型と中庭型を合わせた混合型と呼ばれる形態があり、コルトレイクのベギン会修道院は、集合住宅のような...

続きを読む

ルーヴェンのベギン会大修道院|フランドル地方のベギン会修道院

1998年世界遺産に登録された「フランドル地方のベギン会修道院」には、13件の構成資産があります。そのうちのひとつがルーヴェンのベギン会大修道院です。 ルーヴェンのベギン会大修道院とは ルーヴェンは、ベルギー北部にある都市です。街には、「フランドル地方のベギン会修道院」と「ベルギーとフランスの鐘楼群」の2つの世界遺産が存在しています。 ルーヴェンのベギン会大修道院は、13世紀初頭に建てられました。...

続きを読む

ブルージュのベギン会修道院|フランドル地方のベギン会修道院

ブルージュのベギン会修道院は、1998年「フランドル地方のベギン会修道院」として世界遺産に登録されました。 ブルージュのベギン会修道院とは ベギン会とは、12世紀にベルギーで、女性の自立支援のために設立された共同体です。神に仕える尼僧とは違い、あくまで自立的な生活を営む女性たちのための場所でした。 ブルージュのベギン会修道院は、1245年フランドル伯爵夫人によって創設されました。森の木々に囲まれた...

続きを読む

ヴァン・エトヴェルド邸|建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)

ヴァン・エトヴェルド邸は、ベルギーの首都ブリュッセルにあり、2000年「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)」の構成資産のひとつとして、世界遺産に登録されました。 ヴァン・エトヴェルド邸とは ヴァン・エトヴェルド邸は、外交官としてコンゴ自由国(現:コンゴ民主共和国)へ赴任していたヴァン・エドヴェルドの私邸として建設されました。1897年から1901年に掛けて建設された邸宅は、...

続きを読む

ソルヴェイ邸|建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)

2000年「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)」の構成資産のひとつとして世界遺産に登録されたソルヴェイ邸は、ベルギーの首都ブリュッセルにあります。 ソルヴェイ邸とは ソルヴェイ邸は、ヴィクトル・オルタの良き理解者であり、支援者でもあったアルマン・ソルヴェーが依頼した邸宅です。潤沢な資金のもと建設された邸宅は、建築家オルタが持てる力量を思う存分発揮したアール・ヌーボー建築の傑...

続きを読む

オルタ邸|建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)

オルタ邸は、ベルギー・ブリュッセルにあり、2000年「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)」として世界遺産に登録されました。 建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群には、19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヴィクトル・オルタが建築した4つの邸宅が世界遺産に登録されています。ヴィクトル・オルタは、アール・ヌーボー建築の先駆けとなった人物です。アール・ヌーボー建築は、ベルギーか...

続きを読む

タッセル邸|建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)

ベルギーの首都ブリュッセルにあるタッセル邸は、2000年「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)」の構成資産のひとつとして、世界遺産に登録されました。 建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群には、19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヴィクトル・オルタが建築した4つの邸宅が世界遺産に登録されています。ヴィクトル・オルタは、アール・ヌーボー建築の先駆けとなった人物です。アール・ヌ...

続きを読む

モンスの鐘楼|ベルギーとフランスの鐘楼群

ベルギー・ワロン地方エノー州にあるモンスには、1999年に「ベルギーとフランスの鐘楼群」として世界遺産に登録された鐘楼があります。 モンスの鐘楼 モンスという街の名は、ラテン語の山「Mons」が由来とされており、その名が示すように山の上に築かれた街です。 モンスの鐘楼は、ベルギー唯一のバロック様式の鐘楼で、1662年に建造されました。鐘楼は、街の名前の由来である「山」を実感できる場所に建っています...

続きを読む

聖ペトロ教会(ルーヴェン)|ベルギーとフランスの鐘楼群

ベルギーの首都ブリュッセルの東、ブラバント州ルーヴェンに「ベルギーとフランスの鐘楼群」として世界遺産に登録された聖ペトロ教会はあります。 聖ペトロ教会(ルーヴェン)とは 聖ペトロ教会は、ルーヴェンの市庁舎の向かいにあるゴシック様式の教会です。 聖ペトロ教会は、986年に建設が始まったといわれています。その後1176年に火災により焼失したロマネスク教会の跡に、15世紀初期から終期にかけてゴシック建築...

続きを読む