ブルガリアの世界遺産

フレリョの塔|リラ修道院

ブルガリアの世界遺産「リラ修道院」の敷地内にあるフレリョの塔は、1335年にセルビアの貴族フレリョ・ドロゴボラの寄進により建造された鐘塔です。 1883年1月13日の深夜に修道院が大火に見舞われた際、中庭にあった塔は唯一火事の被害を逃れ、オスマンの支配下にあった頃は要塞や修道士の住居として使われていました。 古くから修道院を見守ってきた塔は、14世紀そのままの姿を今に伝える貴重な存在となっています...

続きを読む

聖母誕生教会|リラ修道院

リラ修道院はリラ山の奥にあるブルガリア最大の大きさを誇る正統派の修道院。500年もの間オスマン朝による支配され続けたブルガリアの人々の心の支えとなった大切な場所です。 人里離れた山奥にありますが、ブルガリアの文化、歴史、建築学的に最も重要とされる遺跡群のひとつで、人気の観光地となっています。 リラ修道院の成り立ち リラ修道院のはじまり 10世紀中ごろ修道士イワン・リルスキーが隠遁の地として選び、小...

続きを読む