ピサのドゥオモ広場

ピサの洗礼堂|ピサのドゥオモ広場

ピサの斜塔やピサ大聖堂があるイタリアの世界遺産「ピサのドゥオモ広場」。この広場にある円筒形の建物がピサの洗礼堂です。大聖堂の西側に位置しています。 ピサの洗礼堂とは? 洗礼堂の直径は約35m、高さは54.85mあります。白大理石でできており、下部は列柱とアーチによるロマネスク様式、上部は尖塔を有するゴシック様式になっています。 1152年にディオティサルヴィの設計によって着工しましたが、完成までに...

続きを読む

ピサ大聖堂|ピサのドゥオモ広場

ピサ大聖堂はイタリアのトスカーナ州ピサにあり、「ピサのドゥオモ広場」の一部として世界遺産に登録されています。ドゥオモ広場にはピサの斜塔もあります。 ピサ大聖堂の歴史 11世紀にピサは自治都市として繁栄し、イスラム軍との「パレルモ沖海戦」において勝利を収めました。それを記念し、ピサの威容を示すために大聖堂を建てることにしたのです。 建設期間は2度に分かれており、1063~1118年、1261~127...

続きを読む

ピサの斜塔|ピサのドゥオモ広場

ピサ大聖堂の東側に建つ「ピサの斜塔」は本来は大聖堂に付随して建てられた鐘楼で、西側の礼拝堂とともに壮麗な大聖堂建築を形成する縦横な要素です。 周囲の建物とともに「ピサのドゥオモ広場」として世界遺産に登録されています。 ピサの斜塔が傾いている理由 当初ピサの斜塔の高さは100m以上になる計画でしたが、3層まで工事が進んだ1185年から南に傾きはじめ、工事は中断されてしまいました。地盤が軟弱で、塔の重...

続きを読む